Toshio Kamitani Design

2021年に巡った美術館・画廊

2022/01/02

昨年もたくさんの画廊や美術館にいきました
それぞれの作家の熱意には敬服するも
心にグッと刺さる作品もそれほどない
というのが正直な感想でもある

「じゃあお前の作品はどうなんだ?」
と自問自答することも多くなった
自分自身依頼されて描くイラストレーターとしてではなく
自らペインターとして発表するようになったからだ

なぜ描くようになったのか?と問われれば
「ただ描きたかったから」となる
なぜ画家という肩書きを追加したのか?と問われれば
「小学校の時の夢だったから」となる
なぜ個展を開催したのか?と問われれば
「画家の先輩に勧められてその気になったから」となる
個展を開催してどうだったのか?と問われれば
「開催した意義はあった」となる

その意義に自分でどれだけ満足しているか?
それが常に心のどこかにいて
絵を描きだした頃のピュアな気持ちを隠そうとするのだ

ゲーテの言葉が壁に貼ってある
「芸術家よ! 喋るな 描け!」

Kamitani Toshio